相場放浪記

相場生活者、河内の風来坊のブログです

カテゴリ: おすすめ記事(推薦度B)

こんにちは!河内の風来坊です。

下記は過去10年間の日経平均株価3月の騰落率です。
株価は終値です。

        2月末   3月末    騰落率
2012年  9723円 10083円 +3.7%
2013年 11559円 12397円 +7.2%
2014年 14841円 14827円 -0.1%
2015年 18797円 19206円 +2.2% 
2016年 16026円 16758円 +4.6%
2017年 19118円 18909円 -1.1%
2018年 22068円 21454円 -2.8%
2019年 21385円 21205円 -0.8%
2020年 21142円 18917円-10.5%
2021年 28966円 29178円 +0.7% 

過去10年間の3月の平均騰落率は+0.3%です。

上昇した年は5回、下落した年も5回です。

騰落率が5%以上になったのは2回だけで、2013年はアベノミクス相場の初動で、2020年はコロナショックがありました。

今年は2013年と2020年ほど大きな動きはありませんので、騰落率は5%未満になると見ています。

2016・17・19年以外は、2月の騰落率と同じ(2月が+なら3月も+、2月が-なら3月も-)になっています。

2月は1月の騰落率と同じになる確率は80%でしたが、3月も2月の騰落率と同じになる確率は70%で高確率となっています。

2月の騰落率はマイナスになると見ているので、引き続き3月もマイナスになると見ています。ちなみに1月末の終値は27001円です。

日経平均株価の調整は2月末までと見ていましたが、3月は1月~2月の流れを引き継ぎやすい傾向があるので、3/18(彼岸入り)~24(彼岸明け)まで調整すると見ています。

株にとって最大の脅威は金利の上昇です。地政学リスクが後退すれば再び金利は上昇してくると思うので、ウクライナ情勢よりも金利の動向に気を付けたいと思います。今回は以上です。    

こんにちは!河内の風来坊です。

今年に入ってから30営業日が経過したので、今年の傾向を探る為に調べて見ました。下記は直近30営業日の日経平均株価の高値と安値を付けた時間です。

  日付     高値     安値
1/04(火) 14:01  09:06
1/05(水) 10:19  09:37
1/06(木) 09:02  15:00
1/07(金) 09:20  11:09

1/11(火) 09:12  10:58
1/12(水) 14:56  09:00
1/13(木) 09:00  15:00
1/14(金) 09:01  11:16

1/17(月) 09:56  11:15
1/18(火) 12:30  13:50
1/19(水) 09:01  14:51
1/20(木) 14:23  10:23
1/21(金) 14:55  09:42

1/24(月) 14:31  09:45
1/25(火) 09:01  14:02
1/26(水) 09:03  10:36
1/27(木) 09:05  14:16
1/28(金) 14:30  09:32

1/31(月) 12:59  09:02
2/01(火) 10:19  13:14
2/02(水) 14:29  09:00
2/03(木) 09:05  11:07
2/04(金) 14:26  10:46

2/07(月) 09:01  09:23
2/08(火) 10:02  14:58
2/09(水) 14:57  09:51
2/10(木) 09:32  11:26

2/14(月) 09:01  11:01
2/15(火) 09:00  14:08
2/16(水) 14:59  09:01

高値と安値を付けた時間を以下の6つに分けました。
A~Cが前場で、D~Fが後場です。

A 09:00~09:30
B 09:31~10:00
C 10:01~11:30
D 12:30~13:59
E 14:00~14:30
F 14:31~15:00

高値 A13回 B2回 C3回
   D 2回 E5回 F5回

安値 A6回 B5回 C10回
   D2回 E3回 F 4回

高値を付けた時間帯を見ると、Aの13回が断トツで多くなっています。Aで高値を付けた日の日経平均株価の騰落を見ると、13回全て下落しています。

今日の日経平均は下落するな、と感じた日に高値で売りたい場合はAが狙い目だと思います。逆に今日は上昇するな、と感じた日に高値で売りたい場合はA以外(特にEとF)が狙い目だと思います。

安値を付けた時間帯を見ると、意外にCが1番多いですが、前場と後場で見ると前場21回後場9回なので、圧倒的に前場が多くなっています。

前場に安値を付けた21回の曜日を見ると、週の始めは7週中7回とも前場に安値を付けています。そして週の終わり(今週以外)も6週中6回とも前場に安値を付けています。

安く買いたい時は前場が狙い目ですが、特に週の始めと終わりは前場に安値を付けやすい傾向があると思います。今回は以上です。

おはようございます!河内の風来坊です。

昨年12/24に投稿した『1月の騰落率』で、
1月の平均騰落率を-0.2%と書きましたが、
正しくは-0.02%ですので訂正しました。

下記は過去10年間の日経平均株価2月の騰落率です。
株価は終値になります。

        1月末    2月末   騰落率
2012年  8802円  9723円+10.5%
2013年 11138円 11559円 +3.8%
2014年 14914円 14841円 -0.5%
2015年 17674円 18797円 +6.4%
2016年 17518円 16026円 -8.5%
2017年 19041円 19118円 +0.4%
2018年 23098円 22068円 -4.5%
2019年 20773円 21385円 +2.9%
2020年 23205円 21142円 -8.9%
2021年 27663円 28966円 +4.7%

上昇した年は6回、下落した年は4回です。

2月の平均騰落率は+0.6%になります。

2013年以降、+と-が交互になっています。奇数年は+で偶数年は-です。今年は偶数年なので-になると見ています。

1月の流れを2月に引き継ぐ事が非常に多いです。1月の騰落率が+なら2月も+に、1月が-なら2月も-になる傾向があります。

1月と2月の騰落率が逆になったのは、2017年と2018年の2回だけで、80%の確率で同じになっています。

昨年12月末の終値は28791円です。1月末の終値が28791円を上回れば2月の騰落率はプラスになると思いますが、下回る事が濃厚なので2月もマイナスになると見ています。

後は特にありません。『〇月の騰落率』はアクセスされる方が多いので、今後も毎月下旬に投稿していきたいと思います。今回は以上です。

こんにちは!河内の風来坊です。

下記は過去10年間の日経平均株価の1月の騰落率です。12月末の株価は前年の終値で、1月末の株価は当年の終値になります。

       12月末    1月末   騰落率
2012年  8455円  8802円 +4.1%
2013年 10395円 11138円 +7.1%
2014年 16291円 14914円 -8.5%
2015年 17450円 17674円 +1.3%
2016年 19033円 17518円 -8.0%
2017年 19114円 19041円 -0.4%
2018年 22764円 23098円 +1.5%
2019年 20014円 20773円 +3.8%
2020年 23656円 23205円 -1.9%
2021年 27444円 27663円 +0.8%

過去10年間の1月の平均騰落率は-0.02%です。

上昇した年は6回で、下落した年は4回です。

1年(12カ月)を2カ月単位で6つに区切った場合、11月と12月の騰落率が最も良いので、1月は反動で騰落率は悪いと思っていましたが、さほど悪くはないですね。

ただ、2012~15年までの4年間の騰落率は+ + - +で翌年は8%下落しています。4年間で+が3回もあれば反動が出るのかも分かりません。

2018~21年も同じく+ + - +になっていますので、来年の1月は直近4年間の反動に警戒が必要かなと思います。

後は特にありません。週末は寒気が流れ込んでくるみたいですが、換気を忘れずにクリスマスで歓喜しましょう!(笑)

寒気よりも寒いダジャレで失礼しました。今回は以上です。

こんにちは!河内の風来坊です。

予想をする時は知識や情報が必要ですが、知識や情報を取り入れ過ぎると感性は鈍くなるので、予想は他人に任せるか(他人の予想を参考にするか)、又はしない方が良いと思っています。

プロ野球では、スコアラーと呼ばれる人達が相手チームを分析したり、対戦するピッチャーやバッターを研究して味方の選手に伝えます。選手はスコアラーからの資料を参考にしてプレーします。

トレードも野球と同じで、トレーダー(選手)は自ら予想するのではなくて、誰か信頼出来る人(スコアラー)を見付けて、その人の予想なり相場観を参考にしてトレードをすればいいと思います。

『二流は考えながら動き、一流は感じながら動く』という言葉がありますが、トレードをする時は豊富な知識や情報よりも『チャンスやピンチを感じる力』の方が遥かに大事だと思います。

私自身、ブログのネタとして時々予想をしていますが、来年からは予想する回数を減らしていきたいと思います。短いですが以上です。

↑このページのトップヘ