相場放浪記

相場生活者、河内の風来坊のブログです

カテゴリ: 相場雑感

こんにちは!河内の風来坊です。

一昨日は返済売りを指値していましたが後5円の所で約定せず、昨日は追加買いを指値していましたが後45円の所で約定しませんでした。

思ったよりも株価は上がらず、思ったよりも株価は下がらない事が続いた事もありますが、日経平均は下落相場から保ち合い相場に移行したのでは?と感じています。

      EPS   BPS
4/04 2085円 22549円
5/19 2074円 23160円
上記は30営業日前と昨日のEPSとBPSです。

EPSは11円減少して、BPSは611円増加しています。

私はPERは攻め、PBRは守りと捉えていて、EPSは伸び悩んでいるので今後上値は伸び悩み、BPSは増加しているので今後下値は堅くなると見ています。

よって、今後は『上値は重く下値は堅い』状態が続いて保ち合い相場になると見ています。

日経平均の5月末と6月末の終値を見ると、6月は株価の変動が小さい年が多いので、今年も6月は保ち合うのではないかと見ています。(来週中に6月の騰落率を投稿したいと思います)

米国株の大幅安に連れ安しなくなり下値が堅くなっているので、5/12安値25688円で2番底を打ったと思います。

以上の理由から、日経平均は下落相場を脱却して保ち合い相場に移行したのでは?と感じています。

NYダウは日経平均よりも遅れて底を打つ傾向があるので、5/12安値31228ドルが1番底で、まだ2番底は打っていないと見ています。

日経平均は下落相場を脱却して→保ち合い相場で力を蓄えて→上昇相場になる、と見ています。今回は以上です。

こんにちは!河内の風来坊です。

表題は有名な相場格言です。

2番底は絶好の買い場になる事が多いです。

1番底、2番底と2回も底を打てば下落に対して免疫が付きます。免疫が付けば悪材料に対して敏感に反応しなくなる(鈍感になる)ので、2番底を打った後は上昇しやすくなります。

3/09安値 24681円
5/12安値 25688円

上記は日経平均株価の直近の安値です。

1番底は3/9の安値で間違いないと思いますが、
2番底は5/12の安値だったのでしょうか?

昨日のBPS(23084円)を元にすると、
25688円(5/12安値)は、
PBR1.11倍になります。

私は安値目処をPBR1.1倍と見ているので、25688円が2番底だったのかも分かりませんが・・・

ただ、昨日は株価が25日線と75日線に跳ね返された格好となり、その場合は再度下を試しに行く事が多いので、2番底を打ったかどうかは微妙ですね。

いずれにしても突発的な事でも起こらない限りは、25000円台は絶好の買い場になると思います。

突発的な事とは、核戦争が始まるとか、日本の都市部で大地震が発生するなどの事です。

核戦争か大地震が起きると、安値目処と見ているPBR1.1倍を簡単に下抜けると思うので常に警戒は必要ですが、過度に警戒しすぎるとチャンスを逃す事にもなるので、警戒は程々に留めておきたいと思います。

今回は以上です。

おはようございます!河内の風来坊です。

前場でETF(1321)の26800円(日経では25720円)に、打診買いを指値していましたが約定しませんでした。

無理に追いかけずに(指値より上で約定させずに)、後場も指値まで落ちてくるのを待ちたいと思います。

昨晩NYダウが年初来安値を更新したので、安値目処予想を再度書きたいと思います。

リーマンショックは底を打ってから、95.7%上昇した後に16.8%下落(調整)しました。

コロナショックは底を打ってから、103%上昇して36952ドルで高値を付けました。

36952ドルから16.8%下落した値は30744ドルになります。

コロナショック後の上昇率(103%)は、リーマンショック後の上昇率(95.7%)よりも少し大きいので、下落率も少し大きくなると見ています。

よって、NYダウの安値目処は『30000~30744ドル』を見ています。

日経平均の安値目処はPBR1.1倍を見ています。現時点では24534円になります。今回は以上です。

こんにちは!河内の風来坊です。

日経平均株価は方向感に欠ける動きが続いていますね。

PBR1.2倍または27000円を上に行ったり下に行ったり・・・

FOMCは事前に告知されていたので、方向性を決めるにはインパクトに欠ける印象です。

来週は決算発表がピークを迎えます。決算が方向性を決める材料になるのか疑問ですが注目したいと思います。

今年の日経平均はPBR1.1~1.3倍のボックス相場になっていますので、今後は下記①か②どちらかの動きになると見ています。

①PBR1.2倍→1.3倍→1.1倍
②PBR1.2倍→1.1倍→1.3倍

GW中は様子見しましたが、来週からはボチボチ動いていこうと思います。短いですが以上です。

こんにちは!河内の風来坊です。

これまではインターネットエクスプローラーを利用していましたが、今日からマイクロソフトエッジを使っています。

下記は前場が終わった時点の日足移動平均線です。

75日線 27239円
25日線 27149円
 5日線 26808円

3つの線が500円以内に収まり、かなり接近してきたので、これらが強力な下値抵抗線となって高値目処(PBR1.3倍)まで上昇するか、強力な上値抵抗線となって安値目処(PBR1.1倍)まで下落するか、どちらかの動きが出てくると見ています。

NYダウも日足移動平均線(5・25・75日線)が接近していて、日経と似た様なチャートになっているので、現在の日経とダウは連動しやすくなっていると思います。

4/5時点のドル円の先物ポジションを見ると、
ショート 118412枚
ロング   14583枚
ネット -103829枚
となっています。

ネットで-110000~130000枚になると(円安に動く)上限になる事が多くて、上限に達すると米国の長期金利が上昇しても円高に振れると見ています。

米国の長期金利(現在2.88%)は3%を超えてくると思いますが、3%を超えてきたら悪材料が出てこなくても株価は一段安すると思います。

      信用買い残   売り残
3/11 3兆2067億 7401億
4/08 3兆0740億 6619億

      裁定買い残   売り残
3/11  9366億  2060億
4/08  8842億  2848億

3/11は日経平均が1番底(3/9)を付けた週です。

相変わらず信用も裁定も買い残の方が多いですが、3/11と4/8の買い残を見比べると大きく増えているわけではなくて、むしろ減少しているので需給に関してはそれほど気にする必要はないと思います。

3/9安値(24681円)~3/25高値(28338円)まで4つの窓を開けて上昇しました。1番最初の窓は3/15~16です。

どこかのタイミングで3/15終値25346円まで下落して、全ての窓を閉める時が来ると思います。

今年に入ってからの騰落日数を見ると、
1月 上昇08日 下落11日
2月 上昇09日 下落09日
3月 上昇13日 下落09日
4月 上昇05日 下落06日
合計 上昇35日 下落35日
となっています。

上昇が多ければ下落しやすくなり、下落が多ければ上昇しやすくなるのですが、現時点では全く同じですね。

今後、日経平均は上下どちらに動くのか!?判断が難しいですが、2番底はあると見ているので下に動く可能性が高いと見ています。

予想は難しいですが、売買は難しい局面ではありませんので、流れに任せて自然体でいけたらと思います。今回は以上です。

↑このページのトップヘ