おはようございます!河内の風来坊です。

昨年の日経平均株価の騰落日数を月別に下記にまとめて見ました。

    上昇日数 下落日数
01月   8   11
02月   9    9
03月  13    9
04月  10   10
05月  10    9
06月  12   10
07月  14    6
08月  11   11
09月   9   11
10月  11    9
11月   9   11
12月  10   12
 合計 126  118

上昇日数と下落日数が最も離れた月は7月で、上昇が8日多くなっています。合計も上昇が8日多くなっているので、7月以外の11カ月の合計は同じ(上昇112日・下落112日)になります。

日経平均は前日比で上昇か下落の2通りしかないので、上昇・下落ともに確率は50%ずつになり、確率は回数を重ねると収束していきます。

       上昇   下落
2021年 125日 120日
2022年 126日 118日
 合計   251日 238日

過去2年の合計では上昇が13日多くなっていますが、確率は収束するので今年は下落が多くなると思います。

今年は246営業日なので、上昇118日・下落128日ぐらいになると見ています。

合計では下落が10日ほど多くなると見ていますが、1~2カ月だけ騰落日数に差が出て、後の10~11カ月の騰落日数は大体同じになる事もあると思います。

ですので、『月の前半に上昇が多ければ後半は下落が多くなり、前半に下落が多ければ後半は上昇が多くなる』事を見越して売買していけたらと思います。今回は以上です。