おはようございます!河内の風来坊です。

下記は過去10年間の日経平均株価7月の騰落率です。
株価は終値になります。

 年号    6月末    7月末    騰落率
2012年  9006円  8695円 -3.5%
2013年 13667円 13668円 +0.007%
2014年 15162円 15620円 +3.0%
2015年 20235円 20585円 +1.7%
2016年 15575円 16569円 +6.4%
2017年 20033円 19925円 -0.5%
2018年 22304円 22553円 +1.1%
2019年 21275円 21521円 +1.2%
2020年 22288円 21710円 -2.6%
2021年 28791円 27283円 -5.2%

上昇した年は6回、下落した年は4回です。

7月の平均騰落率は+0.16%です。

10年間の騰落率の合計(+ -に関係なく)は25.2%です。

6月(28.7%)が騰落率の合計が1番小さくなると思っていましたが、7月は更に小さくなりました。

騰落率の合計が小さいと言う事は、7月末の終値は6月末の終値に近くなる傾向があると言えます。

参議院選挙が行われた2013・16・19年は全て上昇していて、平均騰落率は+2.54%になります。

今年は選挙の年なので7月末の終値は、6月末の終値~+2.54%の間になると見ています。

後、7月下旬~盆入り前に3月期末企業の1Q決算が発表されるので、選挙結果と合わせて注目したいと思います。今回は以上です。

余談ですが私は7月生まれで、7月には祇園祭と天神祭があり、また趣味は高校野球観戦で夏の甲子園地方大会もあるので、1年の中で7月が1番好きです。1年中7月だったらいいのに・・・と思います(笑)