こんにちは!河内の風来坊です。

一昨日は返済売りを指値していましたが後5円の所で約定せず、昨日は追加買いを指値していましたが後45円の所で約定しませんでした。

思ったよりも株価は上がらず、思ったよりも株価は下がらない事が続いた事もありますが、日経平均は下落相場から保ち合い相場に移行したのでは?と感じています。

      EPS   BPS
4/04 2085円 22549円
5/19 2074円 23160円
上記は30営業日前と昨日のEPSとBPSです。

EPSは11円減少して、BPSは611円増加しています。

私はPERは攻め、PBRは守りと捉えていて、EPSは伸び悩んでいるので今後上値は伸び悩み、BPSは増加しているので今後下値は堅くなると見ています。

よって、今後は『上値は重く下値は堅い』状態が続いて保ち合い相場になると見ています。

日経平均の5月末と6月末の終値を見ると、6月は株価の変動が小さい年が多いので、今年も6月は保ち合うのではないかと見ています。(来週中に6月の騰落率を投稿したいと思います)

米国株の大幅安に連れ安しなくなり下値が堅くなっているので、5/12安値25688円で2番底を打ったと思います。

以上の理由から、日経平均は下落相場を脱却して保ち合い相場に移行したのでは?と感じています。

NYダウは日経平均よりも遅れて底を打つ傾向があるので、5/12安値31228ドルが1番底で、まだ2番底は打っていないと見ています。

日経平均は下落相場を脱却して→保ち合い相場で力を蓄えて→上昇相場になる、と見ています。今回は以上です。