こんにちは!河内の風来坊です。

本日2度目の投稿です。

5/21時点の裁定買い残は4975億、売り残は8989億となっています。信用買い残は3兆2874億、売り残は6830億です。

2/16に高値を付けた時は買い戻しが牽引しましたが、現在は売り残が積み上がっているわけではありませんので、今日は好材料が重なって大幅に上昇しましたが、ここからは上値が重くなると見ています。

むしろ信用買い残の多さが目を引きます。前のめりになって買っている印象で、悪材料1つで急落するリスクが高まっている様に感じています。

4/1から日銀はETF買いのルールを変更しました。変更して以降、日銀が買ったのは4/21の1回のみとなっています。

日銀は買った後に含み益になっても利益確定売りをしませんが、機関や個人は含み益になれば利益確定売りをしてきますので、日銀が買わなくなった事によって、利益確定売りは出やすい状況になっていると思います。

ある程度、株価が上昇すれば利益確定売りが出てくると思うので、利益確定売りも株価の上値を抑える要因になると思います。

NYダウは5/10に35091ドルで1番天井を打ち、現在は2番天井に向かっている最中と見ています。

リーマンショック後、NYダウは安値~高値まで95.7%上昇してから本格的な調整に入りました。コロナショック後の安値(18213ドル)から95.7%上昇した値は35642ドルになります。

1番天井の35091ドルを超えてきた場合は、35642ドル前後で2番天井を打つと見ています。

昨晩の終値34464ドル→35642ドルまで1178ドルで、上値余地は大きくありませんので、日経平均の上値余地も限られてくると見ています。

ショック安(大暴落)が起きる→経済を正常化する為に、景気を回復させる為に大規模な金融緩和を実施する(劇薬を投入する)→劇薬が効いてきて経済が正常化に向かう、景気回復が顕著になってくる→金利上昇・インフレ・テーパリング懸念が出てくる(副作用が出てくる)

リーマンショックもコロナショックも、大まかな流れは同じだと思うので、株価の流れも似た感じになると見ています。今回は以上です。