相場放浪記

相場生活者、河内の風来坊のブログです

2024年07月

こんにちは!河内の風来坊です。

日経平均は7/11に高値42426円を付けましたが、この時の25日線は39638円でした。

39638円から+7%は42413円なので、高値を付けた時は一時的に25日線から+7%に迫っていた事になります。

しかし+7%まで迫った後は反落して、翌日には41188円(高値から-1225円)まで下落しました。

この様に25日線からの乖離が大きくなれば(7~8%に接近すれば)、株価を強く跳ね返して反落または反発するので、今後も25日線との乖離が大きくなれば逆張りする場合はチャンスになると思います。

3/22高値41087円と7/11高値42426円の共通点は、どちらもPBRが1.57倍だったと言う事です。

共通点と言っても1例だけなので断定はできませんが、今年の日経平均はPBR1.57倍で高値を付けやすい傾向があると感じています。

現時点のPBR1.57倍は41807円なので、現時点では42426円を超えるハードルは高いと見ていますが、これから決算シーズンに入るのでBPSが増加するのか、それとも減少するのか注意深く見ていきたいと思います。

下記は3月に高値を付けた後の下落幅と下落率です。

3/22 高値41087円
4/19 安値36733円
下落幅4354円 下落率10.6%

今回も高値を付けた後は上記ぐらいは調整すると思います。仮に42426円で高値を付けたとすると(上記の下落幅と下落率を当てはめると)、安値は37929~38072円になります。

今年は11月に米国大統領選挙があり、選挙後は株価が大きく上昇する事が多いのですが、今回に限ってはトランプ氏が大統領に返り咲く事を織り込みにいっているので、株価は横ばいになると見ています。

日経平均は定期的に20%以上の下落をします。前回20%以上の下落をしてから28カ月が経過するので早ければ今年末までに、遅くとも来年末までに高値から20%以上の下落があると思います。

現在の日経平均は割高で買い残が積み上がっている状態なので、突発的な出来事(地政学リスクの悪化、原発事故、新たなウイルスの流行、要人が暗殺される、大災害の発生など)が起きたら非常に脆いと思います。

今回は以上です。

おはようございます!河内の風来坊です。

現在の信用ポジションは以下の通りです。
%は信用余力に対して、おおよその割合になります。

A ETF(1321)売建37380円(10%)
B ETF(1321)売建40040円(10%)
C ETF(1321)売建40220円(5%)
D ETF(1321)売建40900円(5%)
E ETF(1321)売建42200円(10%)
F ETF(1321)売建42800円(10%)

本日Aを、42700円にて10%返済買

返済期限が近づいてきたので損切りしました。これで返済期限の近い売り玉は無くなったので、今後は売り直す事に専念したいと思います。

これにより信用ポジションは、
ETF(1321)売建41400円(40%)
となりました。

こんにちは!河内の風来坊です。

本日2度目の投稿です。

今年の1~6月で日経平均が1番上昇した月と、2番目に上昇した月は下記になります。

1月 上昇幅2822円 上昇率8.4%
2月 上昇幅2800円 上昇率7.9%

1、2月とも大体2800円上昇しているので、6月末の終値39584円に2800円を足すと42384円になります。

上昇率は8%前後なので、39584円から8%上昇した値は42751円になります。

上記から7月末の日経平均の終値は『42384~42751円』になると予想します。

1月高値36984円 1月末の終値と比較して+698円
2月高値39426円 2月末の終値と比較して+260円

698円と260円の平均は479円になります。高値は終値よりも479円ほど高いので、7月の高値は『42863~43230円』になると予想します。

昨日の終値は41580円なので、昨日の終値から高値予想までの上昇率は約3.1~4%になります。

上昇幅で見ると43000円前後まで上昇するのか!?と大きく感じますが、上昇率で見ると約3~4%なので大した事はないと感じています。

大きく上昇した月はGPIFのリバランス売りの規模が大きくなるので、7月下旬に高値を付けると見ています。7月の高値が天井になり8月と9月は大幅に調整すると見ています。今回は以上です。

おはようございます!河内の風来坊です。

現在の信用ポジションは以下の通りです。
%は信用余力に対して、おおよその割合になります。

A ETF(1321)売建36420円(10%)
B ETF(1321)売建37380円(10%)
C ETF(1321)売建40040円(10%)
D ETF(1321)売建40220円(5%)
E ETF(1321)売建40900円(5%)
F ETF(1321)売建42200円(10%)
G ETF(1321)売建42800円(10%)

本日Aを、42700円にて10%返済買

返済期日が来たので損切りしました。ETFの43250円(日経では42000円)以上で売り直したいと思います。

今回の損切りで今年の収支はマイナスになりましたが、必ず大幅に調整する時が来るので、25日線から+7~8%を意識しながら売り増ししていきます。

これにより信用ポジションは、
ETF(1321)売建40596円(50%)
となりました。

こんにちは!河内の風来坊です。

現在の信用ポジションは、
ETF(1321)売建39320円(50%)です。
%は信用余力に対して、おおよその割合になります。

本日ETFを、42800円にて10%売建

これにより信用ポジションは、
ETF(1321)売建39900円(60%)
となりました。

↑このページのトップヘ