相場放浪記

相場生活者、河内の風来坊のブログです

おはようございます!河内の風来坊です。

昨年の日経平均株価の騰落日数を月別に下記にまとめて見ました。

    上昇日数 下落日数
01月   8   11
02月   9    9
03月  13    9
04月  10   10
05月  10    9
06月  12   10
07月  14    6
08月  11   11
09月   9   11
10月  11    9
11月   9   11
12月  10   12
 合計 126  118

上昇日数と下落日数が最も離れた月は7月で、上昇が8日多くなっています。合計も上昇が8日多くなっているので、7月以外の11カ月の合計は同じ(上昇112日・下落112日)になります。

日経平均は前日比で上昇か下落の2通りしかないので、上昇・下落ともに確率は50%ずつになり、確率は回数を重ねると収束していきます。

       上昇   下落
2021年 125日 120日
2022年 126日 118日
 合計   251日 238日

過去2年の合計では上昇が13日多くなっていますが、確率は収束するので今年は下落が多くなると思います。

今年は246営業日なので、上昇118日・下落128日ぐらいになると見ています。

合計では下落が10日ほど多くなると見ていますが、1~2カ月だけ騰落日数に差が出て、後の10~11カ月の騰落日数は大体同じになる事もあると思います。

ですので、『月の前半に上昇が多ければ後半は下落が多くなり、前半に下落が多ければ後半は上昇が多くなる』事を見越して売買していけたらと思います。今回は以上です。

明けましておめでとうございます!
河内の風来坊です。

現在の信用ポジションは、
ETF(1321)買建28000円(20%)です。
%は信用余力に対して、おおよその割合になります。

本日ETFを、26620円にて10%買建

これによりポジションは、
ETF(1321)買建27540円(30%)
となりました。

今年もよろしくお願いします。

おはようございます!河内の風来坊です。

追加買いを指値していますが約定しない日々が続いています。まだ底を打った感じがしないので約定するのを待ちたいと思います。

日経平均は今年の下限(PBR1.09~1.10倍)には達していますが反発力が弱いので、一旦25日線から6~7%安まで下がってから反発すると見ています。

今年1年の自分の売買を振り返ると、持ち玉(保有玉)比率が50%以上になった事が1度もなかったので、来年は50%以上になる局面を作りたいと思います。

日経平均に大きな波(20%以上の上昇・下落)が起きれば、自然と持ち玉比率も上がってくると思います。

私は主に逆張り(上昇トレンドは売り、下落トレンドは買い)で売買していますが、来年は積極的に順張り(上昇トレンドは買い、下落トレンドは売り)もしていきたいと思います。

売買記録以外の投稿は、来年も週1本(年間約50本)ぐらいのペースで投稿していけたらと思います。

後場に入って日経平均が26000円割れしたら売買するかも分かりませんが、売買しなければ今回が今年最後の投稿になります。次回は大発会(1/4)に投稿する予定です。

それでは、今年1年ありがとうございました。

来年は今年以上に稼ぎましょう!

↑このページのトップヘ