相場放浪記

相場生活者、河内の風来坊のブログです

こんにちは!河内の風来坊です。

追加買いを指値していますが、約定しそうにないので約1週間ぶりに投稿したいと思います。

日経平均株価は1/4安値25661円を下回らなければ、1/19(木)前後に上昇トレンドに入ると見ています。

1/4安値を下回った場合は、底を打ってから10営業日前後に上昇トレンドに入ると見ています。

現時点のPER12倍は25644円です。昨年は3/8と9/30にPER12倍割れして、翌営業日に底を打ちました。

3/08 終値24790円
3/09 安値24681円
109円下落

9/30 終値25937円
10/3 安値25621円
316円下落

1/4安値(25661円)を下回った場合は、PER12倍割れした日の終値から-109円~-316円まで調整すると見ています。

昨年の12/20に日銀が突然政策を修正した事によって、日経平均は下落して今年の1/4に安値を付けました。

1/12に『大規模金融緩和の副作用を点検する』と報道されてから、再び日経平均は下落しています。

12/20~1/4までの下落幅と下落率を、1/12高値に当てはめると下記になります。

12/20 高値27339円
01/04 安値25661円
下落幅1678円 下落率6.1%

01/12 高値26547円
26547円-1678円=24869円
26547円から-6.1%は24928円

1/4安値を下回り、更にPER12倍割れした翌営業日の安値も下回った場合は、24869円~24928円まで調整すると見ています。

現時点の25日線は26713円で、6~7%安は24843円~25110円になります。上記の24869円~24928円と大体同じになりますが、明日以降も25日線は下がってくるので、25日線から6~7%安も見ておきたいと思います。

まとめると1/4安値を下回った場合は、
〇PER12倍割れした翌営業日の安値
〇24869円~24928円
〇25日線から6~7%安
の3つを下値目処として見ています。

今回は以上です。

こんにちは!河内の風来坊です。

昨年の4つの安値を参考にして、安値を付けてから(底を打ってから)上昇トレンドに入るまでの日数を調べて見ました。

上昇トレンドに入ったかどうかは、終値が25日線(中心線)を上回り、その後も下回る事なく推移すれば上昇トレンドに入ったと判断しています。下記の株価は日経平均です。

①03/09 安値24681円
     25日線26709円 

 03/17 終値26652円  
     25日線26312円
安値~上昇トレンドまで 6営業日

②05/12 安値25688円
     25日線26858円

 05/27 終値26781円
     25日線26686円
安値~上昇トレンドまで 11営業日

③07/01 安値25841円
     25日線26946円

 07/14 終値26643円
     25日線26480円 
安値~上昇トレンドまで 9営業日

④10/03 安値25621円
     25日線27496円

 10/24 終値26974円
     25日線26883円
安値~上昇トレンドまで 14営業日

安値を付けてから上昇トレンドに入るまで、6・11・9・14営業日で平均すると10営業日になります。

意外に短いですね。下落幅が大きければ20営業日(約1カ月)ぐらいになると思います。

仮に1/4安値が底だったとすると、10営業日目の1/19(木)前後に上昇トレンドに入ると思います。

安値を付けた時の25日線を見ると、26709円~27496円となっています。

上昇トレンドに入った時の25日線を見ると、26312円~26883円となっています。

株価は安値を付けたら下げ止まりますが、25日線は安値を付けた後もジリジリと下がり、上昇トレンドに入るハードルは下がってきます。

現時点の25日線は26966円ですが、株価が26000円前後で推移している間に、上昇トレンドに入った時のゾーン(26312~26883円)まで下がってくると思います。

終値が25日線を上回っても再び下落する事(ダマシ)もありますが、上回った状態が3営業日続けば上昇トレンド入りしたと思います。

現在は2通り(底を打っていなかった時と上昇トレンドに入った時)の展開をイメージして、次の売買の準備をしておきたいと思います。

今回は以上です。

こんにちは!河内の風来坊です。

まず、昨日の投稿の補足になります。

昨年は日経平均株価の上昇日が下落日よりも8日多かったにも関わらず、年間では2697円(9.4%)下落しました。

今年は下落日が10日ほど多くなると見ていますが、仮に下落日が多くなったとしても年間で株価が下落するとは限りませんので、その点は補足しておきたいと思います。

さて、今日の日経平均は強いですね。

昨晩、米国株は下落(NYダウ-1.02% ナスダック-1.47% S&P500-1.16%)して、今晩は雇用統計の発表があって、日本は3連休を控えているので、今日の日経は1%以上は下落すると思いましたが、意に反して上昇しました。

1/4安値25661円で底を打ったのでしょうか?

下落幅が大きければセリクラっぽい売られ方をしたり、底を打った後に急反発したりするので分かり易いのですが、最近は下落幅が小さく底を打った後のリアクションが小さいので分かりにくいと感じています。

米国株の下落に動揺(連れ安)しなくなったのは明るい兆しだと思いますが、昨日の空売り比率を見ると51%と高水準になっているので、連休前に買い戻しが入っただけかも分からず判断が難しいですね。

      PER     PBR
3/9  11.97倍  1.10倍
1/4  12.01倍  1.08倍

昨年は3/9に年初来安値(24681円)を付けましたが、1/4と比較して見ると割安度は同じか、やや1/4の方が割安だと思います。

割安度が増せば中長期で投資している機関は買ってくるので、下落は止まりやすくなると思います。

1/4安値が底なのか分かりませんが、今後もPER12.00倍前後にPBR1.10倍以下の水準は買い場になると思います。

昨年、PERが12倍割れしたのは(11倍台になったのは)、3回(3/8・3/9・9/30)ありますが、12倍割れした翌営業日に底を打っています。

3/8に12倍割れ→3/9安値24681円→
3/25高値28338円(14.8%上昇)

9/30に12倍割れ→10/3安値25621円→
11/24高値28502円(11.2%上昇)

まだ今年は12倍割れしていないので、12倍割れしたら翌営業日以降の動きに注目したいと思います。

1/4安値が底ではなく、PER12倍割れした後も底ではなかったら、25日線から6~7%安が底になると見ています。今回は以上です。

↑このページのトップヘ